HOME>クチコミ>双方にメリットがある!瑕疵保険に加入した方に聞いてみた

双方にメリットがある!瑕疵保険に加入した方に聞いてみた

HOME

住宅売買をする際には、既存住宅売買瑕疵保険への加入をおすすめします。なぜ、既存住宅売買瑕疵保険の加入がおすすめなのかは、実際に加入した人の口コミを確認しておいて下さい。そうすれば、安心して住宅売買ができるようになるでしょう。

クチコミ

リスクを軽減することができました。【50代 男性】

今回住宅売買にあたり既存住宅売買瑕疵保険を利用しました。なぜかというと、以前売却をしたことがある友人に、売却時の見落としによって補償をさせられたと聞いたからです。調べてみると、瑕疵担保責任期間であれば売却をした後でも売主が買主に補償をしなければならないということがわかりました。そこで、私は任意の既存住宅売買瑕疵保険に加入することにしました。こちらだと補償費用を出してくれるので、万が一後から何か問題が発生した際のリスクを軽減できるだろうと思ったからです。やはり何か問題が発生した際の負担は場合によって大きくなってしまいます。今回の売却では、特に問題は起こらずホッとしています。既存住宅売買瑕疵保険に加入することにより、安心して売却を進めることが出来ました。やはりもし問題があった際に補償費用が出るというのはとても助かります。万が一に備える為にもとてもメリットがある保険ですね。

安心で安全なことをアピールする良い材料になっています。【60代 男性】

中古不動産を売却する際、必ず既存住宅売買瑕疵保険に加入をする様にしています。既存住宅売買瑕疵保険は売却後住宅に問題が発生した際の費用を負担してもらえる保険ではありますが、これば売主・買主共にメリットがあるものだと感じました。やはり中古住宅とはいえ、安い買い物ではありません。買主の方も購入するのであれば安心して住む住宅を購入したいと考えていました。また、購入後思わぬ住宅の欠陥など出てしまう場合もあるので、その部分をカバーして安心して購入してもらう為にも既存住宅売買瑕疵保険はすごく便利だと思いました。この部分は購入してもらう際のアピールポイントになる部分でもありますし、こちらにも費用負担の面でのメリットがあるのですごく便利ですね。